トップ 最新 追記

移転のお知らせ

移転しました。「こどもてれび」移転先

連絡先:こちらがメールアドレスです。

2017|01|07|08|

2017-08-02

そもそもマンガ作文は、「あらすじ」を書くことが目指されており、「あらすじ」と「要約」の区別も特につけていなかった。つまり、「短くまとめる」ことが目指されていた。その点でいくと、筆者がここで書きつつある「テレビ作文」は「短くまとめる」ことなどまったく目指していないことに気づく。与えられた「せりふ」のこの簡潔さに比べて、よほどに冗長に解説を加えている感じである。これは、要約とは対極的に、敷衍とでも呼べるような内容だと言える。


2017-08-05 作文能力の目標の一つは「自省力」だろう

「マンガ作文」という手法が作文教育の「導入」として位置づけられたことに、母語習得の難易度についての混乱した考えが現れている。とは言え、「母語習得の難易度」ということに関して、特に気の利いた見解を誰かがまとめて公表している、ということも無さそうだ。また難易度は単一の尺度ではもちろん測れない。つまり、言いたいことは、現時点ではこの「こどもてれび」に勝る見解は無いらしい、ということだ。だって「他人から聞いた記憶は無い」が、しかし重要だと思う事柄を筆者が書いているのだから、当然そういうことになる。

難易度ということに関しての筆者の思いつきを述べるとこうなる。「自分で言ったことを自分で実行できている」と見なしうる「書き手」を一種の到達すべきゴールと見なして、そこを目指して途中の困難を克服していくことを、母語での作文上達の過程であると捉えるのである。この難易度設定が良いと思う理由はこうだ。作文だの小論文だの論文だのエッセイだのといったものの「書き方」を「指南」する書を見ていると、だいたいにおいて「自分の主張したことを自分自身が達成できていない」ことがとても目立つ。たとえば「主張には理由を書け」という主張の理由を書かない本や、「論文はパラグラフライティングで書け」という主張をパラグラフライティングで書かない本というものがある。だとすれば、こういうタイプの本はいわば「難易度の高い」課題に成功していない、いわば「レベルの低い」本だと見なすことができる。それに比べて「自分の主張した内容に忠実に書けている」指南本というものは、それに比べて「難易度の高い」課題に成功している、と見なすことができるはずだ。

とは言え、もちろんこういうことは言える。「次に絶対ホームランを打つ」と予告して達成できないのと、「次に絶対アウトにならない」と予告して実際にアウトにならないのと、どっちが「偉い」のか、という問題である。「自分の言ったことを実行できている」という能力の獲得を目標にすると、今度は「自分の実行できることしか主張しない」ことを自慢する文章指南本や文章教育が現われる。その場合、難しい課題を提案して失敗するのと、易しい課題を提案して成功するのと、どっちが「偉い」のか、というふうにして、ここにもまた難易度の別の尺度が必要であることが示唆されている。

というわけで、文章作成の能力に関するごく一般的な「難易度」というものを構想すること自体がもちろん必要なのだが、ここ二十年くらいの教育の風景によって、むしろメタレベルから先に制限を加えておかないとならない事態になってしまったわけだ。つまり高邁かもしれないがちっとも自分自身が達成できていない教育目標を、自分にではなく生徒に押し付ける教育者・教育書が「素晴らしい」ものとして持ち上げられる、という時代を一回作ってしまったわけであり、それは否定してかかる必要があるわけだ。「この二十年は無駄だった」。なので、べたな意味での難易度を構想するよりも先に、「何であれ自分の主張したことが実行できている文章」を書くことが「難易度が高い」と言わざるを得ない状況になっているわけだ。

そうではない一般的な難易度という点に関して筆者には今、特に名案は無い。ただ、「読むこと」の難易度と「書くこと」の難易度とは混同しないべきだろう。多くの人が知っているように、「読むのがどうしようもなく難しい悪文」はむしろ(限定はつくが)書くのは易しいわけだ。現代文は放っておくと、その種の悪文、つまり「書く側にはむしろ易しい」文章を読めることを能力の高い状態だと捉え、それを獲得目標にしかねない。しかし、それは「書くこと」の能力向上のためにはあまりプラスではないだろう。「現代文の入試で読まされるおそれのある悪文」のようなものを書かないこと、つまり、読み手に「高い読解力」を要求しない文章を書けることが、「書く能力が高い」ということであり、つまりそういう文章ほど「書く側にとっては難易度が高い」ということは言えるはずだ。だがここでも、先のホームランとアウトの話は再燃する。高度な内容を易しく書こうとして失敗するのと、安直な内容を易しく書こうとして成功するのと、どっちが「偉い」のか問題である。ここでもまた「高度な内容」とか「安直な内容」といった尺度がもう一つ必要になることは不可避である。


2017-08-07 烈車戦隊トッキュウジャー第01話 間接話法の一例

怪人バッグシャドウは「えええ泣き声だ いい闇を感じるぞう 子供たち もっと泣けえ はっはあ」と言った。

怪人バッグシャドウは自分の求める「良い闇」をたくさん手に入れるために、誘拐した子供たちにもっと泣けと嬉しそうに叫び、子供たちを怖がらせた。

バッグシャドウは「おっ 妙な鳴き声 んー 違う この状況で寝てるのかあ 誰だあ」と言った。

豚の鳴くような泣き声以外の音がバッグシャドウに聞こえ、またそれが寝息のように思えた。それによって、自分を恐れないで安眠している子供がいるとバッグシャドウは思ったので、怒ってその主を捜しに向かった。

バッグシャドウは「ほわっ 何で大人が乗っている おい 貴様 起きろ」と言った。

子供だけを誘拐したはずなのに、電車に青年が乗っているばかりかあまつさえいびきをかきながら眠りこけてすらいたので、バッグシャドウはまず驚いた。だがすぐに気を取り直し、怒りながら青年の胸倉を掴み、覚醒させようとした。

らいとは「いただあきまああああす」と言った。

その青年らいとは寝ぼけたままの状態で、怪人のことを食べ物だと思い込み、怪人の体に食いついた。

バッグシャドウは「あ あ あ痛て 俺は 食い物じゃないっ」と言った。

バッグシャドウは自分に寝ぼけて食いついてきたらいとに対して、自分は食べ物では無いとらいとに訴えた。さらに怒りに任せてらいとの身体を振り払い、そして座席に叩きつけて、らいとを覚醒させようとした。

らいとは「あれっ」と言った。

らいとは汽笛などの音に気づいて、突然起き上がり辺りを見回した。

バッグシャドウは「おおお あの列車 レインボーラインか」と言った。

バックシャドウもその音に気づき、車窓から覗き見た。それが敵であるレインボーラインであることに気づき、バックシャドウは驚きの声を上げた。

らいとは「なにっ」と言った。

らいとは好奇心に駆られて、バックシャドウの頭を押しのけつつ、車窓からレインボーラインを見ようとした。

バッグシャドウは「レインボーラインめ 弾き飛ばしてくれるっ」と言った。

自分の操縦する列車によってレインボーラインを弾き飛ばしてやるという敵愾心をむき出しにした宣告を、バッグシャドウは誰にともなくわめきちらした。

バッグシャドウは「撃てえ」と言った。

バッグシャドウは、列車を空中に舞い上がらせて、レインボーラインに向かって砲撃するような音声操作をした。

バッグシャドウは「はっはっは 何っ」と言った。

レインボーラインもまた汽笛とともに空中に舞い上がったため、まさかそこまで敵が出来るとは思っていなかったバッグシャドウは驚きの声を上げた。

バッグシャドウは「おのれえっ 乗ってるのは誰だいっ」と言った。

レインボーラインが砲撃の仕返しをしてきたばかりか、列車ごと体当たりまでしてきたので、バッグシャドウは列車を慌てて地上に着陸させて、まだ姿の見えぬ正体不明の「敵」に対して、彼は怒りの感情をあらわにして叫んだ。

らいとは「俺も見たい」と言った。

レインボーラインに対する好奇心を抑えきれないらいとは、自分の思いを口走りながらバッグシャドウの上にのしかかるような体勢になった。そのままレインボーラインの方に向かおうとして、二人とも地上に転落した。

バッグシャドウは「貴様は引っ込んでろお」と言った。

らいとのせいで地面に叩きつけられたバッグシャドウは、らいとに対する怒りの感情を口にしながら、らいとを殴り倒した。

特急三号は「足下気をつけてって言ったでしょ」と言った。

レインボーラインから降りるとき特急二号が思い切り転んだ。事前に足下に気をつけるように特急三号が言っておいたにもかかわらずだったので、三号は二号に少し呆れてみせた。

三号は「はいっ」と言った。

列車から降りるのが難しいと思ったので、五号が降りるとき既に降りていた三号は手を貸して、降りるタイミングが合うように五号に掛け声をかけた。


2017-08-09 テレビ作文を書きながら考えている事

マンガ作文は通常「要約力」育成の一環というか導入として行なわれる、ということになっている。しかし、説明的・論証的文章の要約や物語文のあらすじというものを抽出する「能力」というのは、いわば画力で言えば「デフォルメ」のような技能である。画力ではその段階の前に「デッサン」が先行することは言うまでもない。きちんとしたデッサン力があってこそのデフォルメ力であることは、赤塚御大も述べておられる。なので、そこから類推すればマンガ作文もまた、「デフォルメ」の前にまず「デッサン」なのである。少なくとも生徒に教える側にはその能力を要求したい。そういうわけで、まずは自分がマンガ作文の「デッサン」を、ただしせりふ部分周辺に限って行なっているわけだ。マンガ作文の指導者はおそらく「○○と言った、だけではダメです。間接話法でちゃんと書きなさい」などといって小学三・四年の子供を作文嫌いにさせているに相違ないので、まずその指導者が「○○と言った」の箇所をあますところなくすべて「デッサン」できることが求められるのだ。

ところでやってみるとわかるが、「○○と言った」を単に発語内行為によって記述していくだけだと、相当に不足感がある。たとえば「非難した」とか「訴求した」などのように記述することは可能であっても、そのせりふの○○という箇所があまり生かされていないように思えることがある。つまり「Aさんは○○と言った」という箇所を単に発語内行為によって記述するのみならず、可能なら「Aさんは××とは言わずに○○と言った」のような内容を多少なりとも反映するようにした方が、不足感は少ない。たとえば、同じ「非難」であっても「馬鹿野郎」と述べて非難するのと「どうして君はいつもそういうことするかなあ」といって非難するのとでは、与える記述は違えてみたいように感じてくる。つまり「Aさんは(どうして君はいつもそういうことするかなあ、と言う代わりに)馬鹿野郎と言った」というものを、発語内行為に書き換える、というふうにしたくなるわけだ。早い話、せりふが変われば同じ発語内行為であっても違うように書きたくなるわけだ。

そうすると、筆者の考える「教師用」マンガ作文・テレビ作文では、もともとの与えられた情報よりも、より詳しくくどい「敷衍」文を作成することになり、それは文法的には複文と呼ばれるタイプのものに、しばしばなる。つまり一文のなかに、述語が複数出現するような文になる。そしてそのなかにも確か四パターンくらいの複文の種類があったのであった。いずれにせよ、マンガ作文のせりふの箇所を生徒にやらせようという教師は、複文が使えるような生徒かどうかをきちんと見極める必要だけはある。

次のタイプの複文は構築するのはたぶん比較的易しい。

バッグシャドウは「はっはっは 何っ」と言った。↓

レインボーラインもまた汽笛とともに空中に舞い上がったため、まさかそこまで敵が出来るとは思っていなかったバッグシャドウは驚きの声を上げた。

次のタイプの複文を構築するのは、技術というか文法的な観点がかなり必要になる。そして公教育がその観点を提供しえているとは到底思えない。

バッグシャドウは「レインボーラインめ 弾き飛ばしてくれるっ」と言った。↓

自分の操縦する列車によってレインボーラインを弾き飛ばしてやるという敵愾心をむき出しにした宣告を、バッグシャドウは誰にともなくわめきちらした。

ちなみにこの箇所は、筆者の作文例に相当の無理があると思える読者も多かろう。その原因の一つは、このせりふが、「登場人物が登場人物に聞かせる」ためのせりふではなく、「登場人物が視聴者に聞かせる」ためのせりふ、フィクションの発話の典型のような箇所だからである。それを、素知らぬ顔をしてリアルの会話のように扱って記述すると、こうなりうる、という一つの記述例を与えてみたわけだ。もちろん読者の違和感の多くは、「宣告をわめきちらす」という語の連接に主に向けられていると思う。文だけ抜き出して観察すれば確かにそうだ。もっと適切なコロケーションはいろいろあるはずだ。だが、この場面のもつ独特の「無理」「虚構性」を表現してみたかったので、あえて「宣告をわめきちらす」という言い方を採用してみたかったのである。場面を考慮したうえでの、まあ独自表現である。

なおこの箇所は「○○してくれる」という文語調の表現もあるので、その点も当然注意が必要になる。「かわいがってやるぜ」が「かわいがる」ときと「いたぶる」ときの両方に使えるがしかし言語学習の当初は「かわいがるの意味のかわいがるという発話」しか知らないのと同様、「○○してくれる」というのも「善意で貢献する」ときと「悪意で被害を与える」ときとに用いられるが、しかし言語学習の当初である子供は「善意で貢献する」ほうの用法しか知らない、わけである。なので、その「善意」のほうではないことを、子供が知らなければ伝える必要がある。

その複文の件とも関係するが、この手の作文に「主語-述語」という概念対は本当に役立たない。むしろ害になりうる。筆者は、ライティングに関しては酒井聡樹氏や本多勝一氏の路線を支持しており、それは三上文法を意識したものである。英文法に影響された多くの人が「主語」と呼ぶものは、原沢伊都夫氏によれば「主語格」とかいうもので、要するに述語が「必要」とする必須成分の一つに過ぎない。要するに他の格よりも主語格だけを特権的に重視する謂われはまったく無い。だが「主語格」だけを特権的に重視する人だとえてして次のような文章を書いてしまいがちである。その文は筆者の感覚では下のように書いたほうが良い。

レインボーラインもまた汽笛とともに空中に舞い上がったため、バッグシャドウはまさかそこまで敵が出来るとは思っていなくて驚きの声を上げた。↓

レインボーラインもまた汽笛とともに空中に舞い上がったため、まさかそこまで敵が出来るとは思っていなかったバッグシャドウは驚きの声を上げた。

レインボーラインから降りるとき特急二号が思い切り転んだ。特急三号が事前に足下に気をつけるように言っておいたにもかかわらずだったので、二号に少し呆れてみせた。↓

レインボーラインから降りるとき特急二号が思い切り転んだ。事前に足下に気をつけるように特急三号が言っておいたにもかかわらずだったので、三号は二号に少し呆れてみせた。

しかし酒井聡樹氏が『これからレポート・卒論を書く若者のために』というタイトルそれ自体は内容を裏切っている著書のなかで述べているように、文法的な修飾関係のみを考慮して語順を決めるのがいつでも正しいわけでは、まったく無い。文の「主題」を文頭に位置させるというルールのほうが、可読性を考慮した修飾関係の語順ルールより、優先する。あるいは少なくともそういう考え方もあって良い。なので、先に上に提示した書き直す前のほうの文の方が良いという場合も当然ありうる。要するにマンガ作文なりテレビ作文で「間接話法で書きましょう」「○○と言ったという書き方は止めましょう」などと生徒に教える教師であるならば、修飾関係を優先させた書き方と主題文頭型の書き方と両方繰出せるようでなくては話にならない。だからつまり、この作文を教える人が「主語-述語」などという概念対を保持したままでいることなどありえない、わけだ。「主語-述語」などは数ある概念対の一つに過ぎず、しかもそれは日本語にはおそらく不適当だ。


2017-08-13 マンガ作文・テレビ作文における間接的言語行為のキモ

「俺の顔に泥を塗ってくれてありがとうよ」というBさんの発話を、多くの人はおそらく「AさんがBさんという人物に恥をかかせた件に関して、怒ったBさんがAさんに対して恫喝してみせた」というふうに理解する。しかしもちろんこれは社会文化的な学習によるものであって、その学習を経ていないがしかしある程度の日本語力を習得している子供の場合、そうは受け取らないしそうは受け取れない。

まずこの発話の中に使われている「顔に泥を塗る」という慣用表現の理解がどうか、という問題がある。これは「相手に恥をかかせる」とか「相手の名誉を損なう」といった意味合いで通常使われる。しかし、社会文化的な学習途上にありながら、ある程度は日本語力を習得している子供の場合、「顔に泥を塗って遊んだの?」とか解釈したりするかもしれない。まずここが一点目。

この一点目がクリアされていないと、次の二点目のクリアは不可能であろう。それは「俺の顔に泥を塗ってくれてありがとうよ」という発話を、「恫喝」とか「怒りの表明」とか「脅迫」などと受け取る、という理解力である。というのは、社会文化的な学習途上にある子供はこの発話を「感謝」と受け取るかもしれないからだ。というか、結構な割合でそういう「子供」はたぶんいる。それに対して、日本語を正しく理解しているというのは、「この文は感謝を表明するような形をとってその実恫喝するというように、ストレートな形をとらない婉曲表現によって、自分の強い感情を相手に効果的に伝える、というタイプの言語行為なのだ」といったものになるだろう。

ところが、一点目がクリアされていないのに、二点目だけクリアする、ということも、ある意味では不可能ではないと言いうる。たとえばある種の子供は「Bさんの顔にAさんが泥をうっかり掛けて汚してしまったので、Bさんは怒ってAさんに対して恫喝した」というふうに理解するかも知れない。慣用句の理解の仕方は間違っているが、相手の言語行為を感謝ではなく恫喝であると理解している点では正しい。そういうパターンだ。あるいはほんとうに間違って相手の顔に泥をかけてしまった場合にも、同じような発話が相手から飛び出してくることが絶対無いとは言い切れない、ということも考慮した方が良い。

「顔に泥を塗る」にしろ「○○してくれてありがとうよ」も、相当に自動化した慣用表現ではある。がしかし、これらの表現が必ず絶対100%慣用表現として使われるとは限らない。本当に顔に泥を塗った場合や本当に感謝の意を伝えるときにも、こうした表現を絶対に使わないとは限らない。確かに、そう使ったら紛らわしいから、より慎重な表現を使うのが常識的な配慮ではあるが、常にそうしなければいけないとは限らない。そういうことも考慮した方が良い。

土屋俊氏の「間接的言語行為という偽問題」、『なぜ言語があるのか 土屋俊言語哲学コレクション4』(くろしお出版、2009)というやや難解な論文を読みながらなんとは無しに思ったことを、書いてみたのが以上である。言語行為の理解という問題は、慣用句や比喩やオノマトペの理解と無関係ではないという直感を筆者はもっている。


トップ 最新 追記